レギュラーコーヒーのおいしい入れ方

subpage1

コーヒー愛好家の方は、レギュラーコーヒーで飲む方がとても多いです。そもそもレギュラーコーヒーとは、インスタントコーヒーに対して使用される言葉で、挽いたコーヒー豆から抽出されたコーヒーのことです。
使用する器具、豆の挽き具合、湯の温度、淹れ方によって、コーヒーの味が変わってくるのが魅力です。

レギュラーコーヒーをおいしく飲むためには、まず湯の温度に配慮すべきです。目安となる温度は、平均して94度くらいといわれています。水を沸騰させて火を止めてから、ボコボコと立っていたお湯が収まったときが、94度の目安です。

94度より低温でコーヒーを淹れると、豆の成分が溶け出しにくく、軽くて薄い味になります。



反対に、高温で抽出するとすごく苦い味になります。

Yahoo!知恵袋のお役立ち情報を公開しています。

その他の美味しく飲むためのコツは、コーヒーをきちんと蒸らすことです。


全く蒸らさずに一気にお湯を注ぐと、コーヒー豆に含まれる旨み成分が抽出されないです。



逆に20秒から30秒くらい蒸らすことで、コーヒー豆が湯になじみやすくなり、おいしい成分を充分に引き出すことができます。そして、蒸らした後は、粉の中心から「の」の字を書くように時間をかけて残りのお湯を注いでいきます。


湯を一気に注ぐと、酸味や甘味だけ際立ってしまいます。
ゆっくりと注ぐ事で、コーヒーの味が程良く引き出されてバランスのとれた味になります。


説明したポイントを守る事で、誰でも美味しいコーヒーを飲むことができます。