毎日飲むからレギュラーコーヒーではない

subpage1

コーヒーに関する用語はかなりあり、聞いても案外知らないものです。



レギュラーコーヒーやブレンドコーヒー、インスタントコーヒーはスーパーでもよく目にしますが、深く考えず愛飲するコーヒーを手にする人も多いはずです。当然ですが、それぞれ意味があってレギュラーコーヒーは焙煎したコーヒーを挽いて粉にしたもの、ブレンドコーヒーは異なる種類を配合したもの、インスタントコーヒーは粉からコーヒーを抽出し乾燥させたものです。
カフェのメニューを開き、カプチーノやエスプレッソ、カフェオレなどよく分からずに注文して想像と違う味に驚いたことはないでしょうか。

同じ種類のコーヒー豆でも焙煎の仕方が違うと味が変わります。

カプチーノやエスプレッソは深煎りの、カフェオレは浅煎りの豆を使います。


エスプレッソに泡立てたミルクを入れるとカプチーノになりますから、元は同じなわけです。

カフェオレは浅煎り豆にミルクを入れますが、深煎り豆にミルクを入れればカフェラテになります。

コーヒーは美味しく楽しく飲めば特別な知識は不要ですが、よく見聞きする用語程度は知っておくと楽しさが広がります。

楽しく長く飲み続けているうち深く味わいたくなるもの。そんなとき産地や焙煎方法、淹れる道具にまでこだわると豆本来の風味に出会えるでしょう。

毎日新聞に関しての情報が閲覧できます。

先ずはレギュラーコーヒーやブレンドコーヒーの意味くらいは認識して商品を選んでみましょう。きっとコーヒーの違った表情が見えるはずです。