外国人技能実習生の受け入れ方式

日本の国際貢献の一つとして、日本の技術を発展途上国などの人々に教えるというものがあります。

日本には外国人技能実習生制度があり、所定の会社や労働現場が諸外国の若者を一定期間受け入れて、産業上の技能などを教えています。

様々な種類のカンボジアの研修生情報の豊富さで有名なサイトです。

この制度では最長3年間、技能実習生が雇用関係に基づいて、日本の産業や職業上の技能などの習得あるいは習熟を目指します。
外国人が日本で働いてお金を稼ぐには、厳しい規定に沿って付与される労働ビザを取得しなければなりませんが、外国人技能実習生の場合はこれとはまた異なる特別なビザが付与されるため、日本でも働くことができるのです。

カンボジアの外国人研修生について悩んでいませんか。

実習生を受け入れる方式は企業単独型と団体管理型の二つに大別されます。まず、企業単独型とは日本の企業などが海外の現地法人や合弁企業や取引先企業の職員を受け入れて技能実習を実施するtというものです。これに対し、団体管理型は商工会や中小企業団体など営利を目的としない団体、すなわち管理団体が実習生を受け入れて、参加の企業などで実習を実施するというものです。

団体管理型は農業や水産業に関わるお仕事の場合によく取られるものです。


なお、実習生は日本に入国した後に日本語教育や技能実習生の法的保護に必要な講義などを受けます。



これによって、実習を受ける際にある程度コミュニケーションに困らないようになるとともに、受け入れ先から不当な扱いを受けた場合に抗議をすることができるようになります。